節約目的だけで選ぶのはNG!居抜き物件で後悔しないためのチェックポイント

内装ハック

店舗内装の無料相談はこちらから 無料進呈

リピート率87%のプロが教える
失敗しない店舗内装129個のヒント

サロンやショップの内装・店舗デザイン・
オフィス内装に役立つ情報メディア

東京の店舗内装・デザインTOP > 内装ハック > コラム 店舗運営 > 節約目的だけで選ぶのはNG!居抜き物件で後悔しないためのチェックポイント

節約目的だけで選ぶのはNG!居抜き物件で後悔しないためのチェックポイント

前のテナントが使っていた設備をそのまま引き継ぐことができる居抜き物件は、開業費の節約や店舗オープンの準備期間短縮など、多くのメリットがあります。しかし、手軽さや節約効果だけで選んでしまうと、大きな落とし穴が待ち受けているかもしれません。

満足のいく居抜き物件を手に入れるためにも、物件探しや内覧時のチェックポイントをしっかり押さえておきましょう。

建物のチェックポイント

建物がきれいかどうかはもちろん、空調機器や厨房機器、電気やガス、トイレや手洗い場といった、快適な店舗を作るためのインフラが整っていることも確認しておきましょう。

設備が使用できる状態か

電気や水道などの配線工事は、有資格者しか行うことができません。そのため、これらの工事が発生すると、居抜き物件のメリットである「初期費用の節約」の効果が薄れてしまいます。

・給排水管
給水管から赤サビが出てきたり、排水口に溜まった汚れのせいで水が詰まっていたりすると、漏水や異臭などのトラブルに繋がる恐れがあるため、必要に応じて清掃やパイプの交換などを行わなければなりません。また、手洗い場やトイレといった水回り設備の位置を変更すると、給排水管の延長工事や内装工事が発生し、設備1箇所につき、約40~90万円の工事費用が発生する恐れがあります。

・電気
既にある設備のほかに、機器の追加を検討している場合は、電気容量を越えてしまわないか確認しておきましょう。

・ガス
ガスの増設工事は、電気に比べると費用も工事も大規模になります。もしガスの容量が不足していると、調理器具が追加できなかったり、十分な火力を出せなかったりして、調理の効率が大きく落ちてしまいます。

衛生面に問題はないか

ラーメン店や焼き鳥店など、油を多く使用するお店が使っていた居抜き物件では、油汚れなどが壁や排水口、排気口の内部に蓄積されている恐れがあります。それらの汚れが原因で、害虫や悪臭が発生していないかどうかも必ずチェックしておきましょう。

建物内装のチェックポイント

居抜き物件で意外にも見落としがちなのが、建物の内装です。汚れや傷などの目に見える部分だけでなく、リース契約の有無など、見ただけではわからない部分も確認しておきましょう。

大きな変更の必要はないか

いくら一通りの設備が揃っている居抜き物件と言えど、壁紙の張替えや全体のクリーニングなど、ある程度の内装工事は必要です。

しかし、理想的なレイアウトに近づけるために、設備の位置変更や、内装全体の大幅な間取り変更が必要になると、高額な内装工事費用が発生し、居抜き物件を選ぶメリットが少なくなってしまいます。

リース契約の有無

前テナントから引き継いだコピー機やドリンクサーバーなどの設備が、リース契約や、メーカーからの貸与品になっていないかよく確認しておきましょう。リース機器やメーカー貸与機器は、リース会社やメーカーに所有権があるため、もし勝手に処分したり他人に譲渡したりすると、トラブルの原因になってしまいます。

建物周辺のチェックポイント

建物の外観・内装だけでなく、その建物を取り巻く事情もしっかりチェックしておきましょう。

前テナントの評判は良好か

前テナントの印象に振り回されやすい点は、居抜き物件のメリットでもあり、デメリットでもあります。もし、前テナントが事故や借金などあまり良くない理由で撤退していた場合は、新しく入るお店のイメージも大きく落ちてしまいます。

また、お店の入れ替わりが激しい建物では、近所から「あの場所にできる店は長続きしない」という目で見られてしまうため、客が寄り付きにくくなってしまいます。

建物の内装や見た目だけでなく、自分たちの前に使用していたテナントの評判もしっかりリサーチして、サービスやメニュー作成などに利用しましょう。

客層とターゲット層に差はないか

例え開業に必要な設備がひととおり揃っていて、今すぐに使用できる状態でも、それだけで集客が維持できるとは限りません。

そのお店のターゲットと、お店の前を通る近隣住民や通行人の雰囲気がマッチしているかどうかは、居抜き物件を選ぶときでも必ず確認しておきましょう。

おわりに

居抜き物件は、上手く利用することができれば、店舗の開業に必要な時間や費用を大幅に節約することができます。しかし、隠れている問題点や悪条件を見過ごしてしまうと、大きなトラブルにも繋がりかねません。

居抜き物件の内覧では、見た目のきれいさや設備の充実度に惑わされず、実際に使うことを想定して、入念なシミュレーションを行いましょう。


関連記事

売上の集計だけで終わらせてはダメ!飲食店経営者が知っておくべき売上管理の基礎知識

ただメニューや商品を提供して同じサービスばかり続けていても、お店を安定して存続できるとは限りません。 お店でどんな売上が出ているのか、そこからどう経営方法を考えていくかは、売上管理のデータから分析することが大切です。 飲食店経営に欠かせない、売上管理の基礎知識を身につけておきましょう。 (さらに…)

中古品の売買には古物商許可は必須?必要となるケースや申請の方法を解説

近年は、ネットオークションやショッピングサイトを通じて気軽に物を売買できるようになりました。 こうした中古品の売買で生計を立てている人も少なくはありません。 しかし、中古品の売買を事業とする場合は、「古物商(こぶつしょう)許可」が必要です。 この記事では、古物商許可が必要になるケースや、必要になった時の申請方法などについて解説します。 (さらに…)

小売店経営者が理解しておくべき在庫回転率とは?基本的な考え方や計算方法を解説

在庫回転率は、これから店舗を経営する人にとって、経営を続けるために欠かせないデータです。 「大きなお店じゃないから、在庫回転率を計算しなくても良い」と思っていると、いくら売上が出ても手元に全く現金が残らないという状態に陥るかもしれません。 この記事では、在庫回転率の意味や重要性、計算方法などについて解説します。 (さらに…)

路面店のあんなメリットやこんなデメリット!出店場所を選ぶ前に知っておきたい2つのポイント

初めて訪れる街でも、毎日通勤で通る道でも、どのようなタイミングでも真っ先に目に入ってくるお店といえば「路面店」です。 誰の目にも留まりやすく足を運びやすい路面店は、お店を開くうえで申し分のない立地に見えます。 しかし、出店場所選びを誤れば、路面店といえど集客には繋げられないのです。 この記事では、路面店のメリットだけでなくデメリットについてご紹介するとともに、出店場所選びのポイントについても解説します。 (さらに…)

深夜営業許可が必要な飲食店の条件は2つ!申請方法やルールをここで確認

深夜に営業するお店を開業予定の人は、深夜営業許可や風営法といった法律の知識が必須になります。 無許可で深夜営業して重い罰が課せられるケースもあるため、何も調べずに開業するのは非常に危険です。 ご自身のお店で深夜営業許可が必要か、届出のためにはどのような条件が必要かなどを知っておきましょう。 (さらに…)

「不良在庫」は店舗経営にも悪影響を与える!不良在庫を出さないための3つのポイント

不良在庫はただ場所を取るというだけでなく、会社の経営状況も害してしまいます。 しかし、販売や接客などのメイン業務に比べると、在庫管理という裏方の業務はつい危機感がおろそかになりがちです。 なぜ不良在庫が会社にとって危険なのか、不良在庫はどのようにして発生してしまうのかを知って、不良在庫を出さない方法を身につけておきましょう。 (さらに…)

棚卸しは何のために行われている?店舗運営に不可欠な棚卸しの基礎知識

「棚卸し」とは、期末時点の在庫の量と金額を調べる業務のことです。 用語自体は聞いたことがあっても、何のために行われているのか、その目的までは把握できていないという方も多いのではないでしょうか。 棚卸しの意味と重要性を理解しておくことは、会社の正しい経営状態を知ることに繋がります。 この記事では、在庫を取り扱う会社で避けては通れない棚卸しについて、目的や進め方などの基本的な知識をご紹介します。 (さらに…)

無料で使えるホームページ作成ツール4選!お店のホームページを作って実店舗の集客もアップしよう

いまや、ホームページはお店の信用度をアップするために欠かせないツールです。 クチコミサイトなどにお店の情報を載せても、ホームページがないとスルーされてしまうでしょう。 しかし、ホームページを実店舗の集客に繋げたいと思っても、 「ホームページ作成の知識がない」 「業者に頼むとお金がかかる」 「実店舗の対応で忙しい」 などの理由で、ホームページ作成になかなか踏み切れない方も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、知識や費用がなくても使える、無料のホームページ作成ツールを厳選して4つご紹介します。 (さらに…)

甘い考えでカフェを開くのは危険!カフェ経営の失敗パターン3つ

おしゃれ、優雅、お客さんとのコミュニケーションが楽しそう、簡単な飲み物と軽食を提供するだけなら自分にもできそう…といったイメージでカフェ経営に憧れる人は少なくありません。 しかし、飲食業界は、成功して続けられているお店よりも、失敗して潰れてしまったお店の方が圧倒的に多いものです。 漠然とした憧れだけで開業して手痛い失敗を経験する前に、カフェ経営の失敗例と理由を知って、開業計画の参考にしましょう。 (さらに…)

賃貸契約の連帯保証人になれる人の条件と、連帯保証人を頼む人がいない時の対処法

賃貸物件を契約するときは一定の審査を通過しなければなりませんが、この時、多くの人の頭を悩ませるのが「連帯保証人」の存在です。 この記事では、賃貸物件で連帯保証人が必要になる理由や連帯保証人になれる人の条件と併せて、連帯保証人なしでも契約手続きに進む方法などについてご紹介します。 (さらに…)

カテゴリ

内装ハックをフォローして
最新情報をチェック

TOP
お電話はこちら 無料相談はこちら